2019年度赤い羽根共同募金社会課題解決プロジェクト募金 ご支援御礼

皆様のあたたかいご支援のおかげをもちまして、2020年1月1日~3月31日までの3か月間で募金目標額100万円を達成し、募金件数221件、合計額1,639,196円の募金が集まりました。この募金は、広島いのちの電話の活動財源として贈呈されます。

広島いのちの電話の自殺防止活動に活用させて頂きます。皆さまのご支援に心より御礼申し上げます。


維 持 会 費

 個人会員 年間一口  2,000円   一口以上(何口でも可)
法人会員 年間一口 10,000円   一口以上(何口でも可)
寄  付  金  特に定めません
ご送金のお振込先
 郵 便 振 込   広島 01300-9-14957
銀 行 振 込

 広 島 銀 行 八丁堀支店   普通預金177712

もみじ銀行 広島中央支店  普通預金1522242

 口  座  名  広島いのちの電話

お申込み、お問い合わせは、

広島いのちの電話事務局まで


 2020年3月14日(土)に予定しておりました公開講演会「思春期のこころを支援する ~大人たちに伝えたいメッセージ~」(青木省三先生)は 新型コロナウイルスに関する厚生労働省「イベントの開催に関する国民の皆様へのメッセージ」にともない、開催を中止いたします。


日時:2019年9月7日(土) 13時30分から16時00分

場所:西区民文化センター(広島市西区横川新町6-1)

主催:広島いのちの電話

講演 

テーマ:「自殺予防教育の実践から学んだこと」

講師:北九州市教育委員、臨床心理士・福岡県スクールカウンセラー 

   シャルマ 直美 氏

シンポジウム・質疑応答

テーマ:「だれにでも、心がくるしいときがある

      ~子どもの心の声を聴こう~」

コーディネーター 樋口 啓子

シンポジスト   シャルマ 直美 氏

         岡本 晴美 氏(広島国際大学教授)

         平井 敦子 氏(中国新聞社文化部デスク)

         小田原 順蔵 氏(広島市教育委員会生徒指導課長

 

入場無料 先着500名(事前申込制)

詳細は事務局にお問い合わせください


心といのちを守るシンポジウムひろしま2018(表)
心といのちを守るシンポジウムひろしま2018チラシ(裏)

日時:2019年9月7日(土) 13時30分から16時00分

場所:西区民文化センター(広島市西区横川新町6-1)

主催:広島いのちの電話

講演 

テーマ:「自殺予防教育の実践から学んだこと」

講師:北九州市スクールカウンセラー、臨床心理士 

   シャルマ 直美 氏

シンポジウム・質疑応答

テーマ:「だれにでも、心がくるしいときがある

      ~子どもの心の声を聴こう~」

 

入場無料 先着500名(事前申込制)

 

 



日時 : 令和2年3月14日(土) 13:00 ~ 15:30
会場 : NTTクレドホール(基町クレド11階)
     広島市中区基町8-78 TEL082-502-3430
募集人員:650名(入場無料・事前申込制)

プログラム
 受付開始  12:00 ~
 記念式典  13:00 ~ 13:40(感謝状贈呈)
 講 演   13:45 ~ 15:25
  テーマ  「潔くあきらめない」
 講 師  精神科医 作詞家 きたやま おさむ 先生

申込先/社会福祉法人広島いのちの電話事務局
はがき(〒730-0013 広島市中区八丁堀7-11広島YMCA)・FAX(082-221-6778)・Eメール(hll(at)go2.enjoy.ne.jp ※ (at) は @ に置き換えて下さい)でお申し込みください。(1回で2名の申込み可)
お申し込みをいただいた方には、郵便はがきを返送しますので、当日必ずご持参ください。
尚、電話での申し込みは行っていませんのでご了承ください。


  思春期のこころを支援する

 ~大人たちに伝えたいメッセージ~

 

講 師

 慈圭会精神医学研究所所長 青木 省三 先生

 

  時:2020(令和2)年3月14日(土) 13:00 ~ 15:00
会  場:広島市総合福祉センター 5階ホール
      広島市南区松原町5-1
募集人員:先着200名(入場無料・申込不要)

 



コロナ感染拡大の状況によって、内容変更、または中止する場合があります。変更があれば、ホームページ等でお知らせします。当日は、マスク着用にてお越しください。手洗いや換気、間隔の保持など感染防止対策にご理解ご協力の程、お願い致します。


ダウンロード
決算報告書
説明:決算報告書
kessanhoukokusho2016040120170331.pdf
PDFファイル 70.4 KB

今年も社会課題解決プロジェクト募金に取り組みます ご協力お願い致します!

 広島県共同募金会では、地域課題の解決に取り組む活動を“社会活動解決プロジェクト”として募金活動を進めています。2018(平成30)年度も広島いのちの電話はこの活動に参加し、新規相談員の育成と相談員の研修に活用するため、募金目標額を100万円として1月から3月まで募金活動に取り組みます。
 皆さま方の暖かいご支援・ご協力を心からお待ちしております。


 ご寄付には専用の振込用紙が必要ですので、事務局にご請求ください。


  広島いのちの電話は、2020年1月1日から3月31日までの3か月間実施の広島県共同募金会「社会課題解決プロジェクト募金」に募金目標額を100万円として募金活動に取り組んでいます。

募金いただいた全額がいのちの電話活動に有効に使用されますので、皆さまの温かいこころをお寄せくださいますようお願いいたします。

 

ご寄付には専用の振込用紙が必要ですので、事務局にご請求ください。


2016年度赤い羽根共同募金社会課題解決プロジェクトご報告

「広島いのちの電話」を支えて頂くため、地域をつくる市民を応援する共同募金活用事業 「社会課題解決プロジェクト」
1月1日から3月
31日までの期間で行いました。
募金額1,448,122円、111%の達成率となりました。
皆さまのご協力により見事目標額130万円を達成することが出来ました。心から感謝申し上げます。


2018年度赤い羽根共同募金社会課題解決プロジェクト ご報告とお礼

「広島いのちの電話」を支えて頂くため、地域をつくる市民を応援する2018年度共同募金活用事業 「社会課題解決プロジェクト」
2018年度も1月1日から3月
31日まで実施しました。

寄附者の皆様をはじめ、募金活動にご協力いただいた関係機関、多くの皆様方のご尽力により募金にご協力をありがとうございました。

目標金額1,000,000円で、ご寄附いただいた額は総額1,085,746円でした。

多くの皆様方に支えられながら、募金運動を実施できましたことを心からお礼申し上げます。

 

詳しくは「広島いのちの電話事務局」までお問い合わせください。


相談員になるには

募集期間が変更になりました。


第24期電話相談員養成講座が始まります

 いのちの電話は、孤独や不安を感じ生きる希望や活力を失いつつある人に対して、お互い良き隣人として傾聴を通して、一人ひとりのいのちを大切にしようとの思いから始まった電話相談活動です。
 いのちの電話の相談員になっていただくには、1年の養成研修を受けることが必要です。
 電話相談員は、市民による社会貢献活動です。あなたも、相談員として電話相談活動に参加しませんか。

〔応募要項〕
〇募集期間 : 2019(平成31)年2月から4月末日まで。
〇募集人員 : 60名
〇研修期間 : 2019(令和元)年5月から翌年4月
〇研修費用 : 30,000円
〇会 場  : 広島YMCA

詳細は、事務局にお問合せください。(☏082-221-3113)



第24期 相談ボランティア養成講座 募集について

<募集要項>

募集期間は2018年8月1日~9月30日

〇20歳以上の方で、心身ともに健康な方。経歴、資格は問いません。

〇「いのちの電話」の趣旨に賛同し、積極的に活動出来る方。

〇所定の手続きを経て審査が行われます。

〇約2年間の養成講座を修了し、認定を受ける必要があります。

〇養成講座に要する費用は自己負担です。

<活動内容>

〇電話相談を月2回以上、深夜当番も担当します。

〇月1回の継続研修に参加します。

〇「広島いのちの電話」が主催する研修や諸事業にも参加、協力します。

〇電話相談員は、無報酬のボランティアです。

第25期電話相談員の養成講座の開講延期に伴い、募集期間を延長します。

いのちの大切さや電話相談などについて、関心をお持ちの方はお気軽にお問合せ下さい。



2017年度 イオングループ幸せの黄色いレシートキャンペーン ご報告とお礼

これまで多くの皆さまにご協力いただきお礼申し上げます。
この度12,300円分のギフト券を贈呈されました。
引続きよろしくお願いします。
毎月11日
登録店舗 イオン広島府中店


詳しくは「広島いのちの電話事務局」までお問い合わせください。


維 持 会 費
個人会員  年間一口  2,000円   一口以上(何口でも可)
法人会員  年間一口 10,000円   一口以上(何口でも可)
寄  付  金  特に定めません